konekto,Inc. コネクト株式会社

  • Decrease font size
  • Default font size
  • Increase font size
HOME arrow プロダクト arrow Zend 旧プロダクト arrow Zend Platform

Zend Platform v3.0 日本語版

既存機能の強化と強力な新機能を搭載



Zend Platform

本製品の新規販売は、終了いたしました。導入を検討いただいているお客様は、後継製品の Zend Server 日本語版 をご用命ください。既にご利用いただいているお客様には、継続使用のみご用命いただけます。

Zend Platformシリーズは、ベーシックなPHPサーバー環境には備わっていない多くの機能を提供します。それらは、PHPで構成されたサイトやサーバーの運用管理に欠かせない、正にPHP アプリケーションサーバーを実現するプロダクトが Zend Platform シリーズです。日本語版発売から累計で、300本の実績を持っています。 Zend Platform 3.0 日本語版では、新機能の搭載と既存機能の強化を行っており、これまで以上に有用なソリューションとなっています。注目の新機能として、「BIRTレポート」「ジョブキュー」が搭載されました。また、スケーラビリティを実現する機能「セッションクラスタリング」では、High Availabilityモードを搭載し、スケーラビリティとアベイラビリティの両立を実現しています。
クラウドコンピューティングなど、Webサーバーが重要な役割を果たすようになり、高性能化・大規模化が飛躍的に進んでおります。しかし、CPUの動作周波数は高止まり状態となっており、より多くのCPUコアを搭載することで、企業ユーザーが求めるハイパフォーマンスを実現する傾向にあります。そのため、これまでの最大4CPUライセンスに加えて、「8CPUライセンス」および「16CPUライセンス」を提供を4月末より開始いたします。




■ 製品構成の変更(2つエディションの登場)
既存機能をベースに数々の強力な機能を追加したため、搭載機能別に2つのエディションを用意しました。PHPサーバーの用途によって、2つのエディションを選択いただくことができます。これによって、ロープライス化も実現しています。
PS(Performance Management Server)
PHPアプリケーションサーバーとしての基本的な機能を提供します。PHP インテリジェンスによるPHPの運用監視、パフォーマンスツールによる高速化など、PHPサーバーに求められる基本機能を安価に提供します。
ES(Enterprise Server)
大規模構成やミッションクリティカル業務の為に通常のPHPサーバーと比較すると大幅な機能拡張を実施します。ジョブキュー、セッションクラスタリング、帳票エンジンなど、これまでPHPサーバーでは成しえなかった高度な機能を集約しました。
PS
(Performance Management Server)
モニタリング&トラブルシューティング
PHP インテリジェンス, イベントトリガ/イベントレポート, リモートデバック(Zend Studioとの連係)
新機能 Zend Studio 5.5 日本語版 との連係
パフォーマンスツール
コード高速化, コンテンツキャッシング, ファイル圧縮, チューニング, テスト(ベンチマーク)
新機能 PHP 5.2.x に対応
集中管理機能およびコンフィグレーション
ES
(Enterprise Server)
*全てのPS機能
新機能 BIRT レポート
新機能 ジョブキュー
新機能 SNMP サポート
機能強化 セッションクラスタリング
High Availability モードを追加
ZDS(Zend Download Server) *Winodws版には搭載していません。
Java ブリッジ


■ Zend Platform 3.0 日本語版 新機能

BIRTエンジンによる帳票作成
BIRT(Eclipse Business Intelligence Reporting and Tools )とは、レポーティング機能を実装するためのEclipse Foundationのプロジェクトです。2005年6月にバージョン1.0が発表され、現在(2007年3月)の最新バージョンは2.0です。レポー ティングソフトベンダーの米Actuate社が開発したオープンソースレポート作成ツールです。 BIRTエンジンを使用することによって、PDFやHTMLなど様々形式の帳票イメージを容易に作成することできます。
BIRTエンジンによって帳票を作成するには、Actuate BIRTなどのデザインツールによってレイアウトを作成します。そのレイアウトをPHPコードから呼び出し、Zend Platform 3.0 日本語版に搭載されているBIRTエンジンにセットすることによって、指定の形式で帳票が作成されます。
勿論、BIRTエンジンは、デザインとデータセットを分離しており、データセットを渡すだけで帳票を作成することができます。
BIRTの仕組みを解説してたデモムービーをご覧下さい。
BIRTエンジンによる帳票作成例
BIRTエンジンによる帳票作成例
BIRTエンジンを活用するPHPコード
BIRTエンジンを活用するPHPコード
Actuate BIRT によるデザイン画面
Actuate BIRT によるデザイン画面
ジョブキューによる新たな実行形態
ジョブキューは、PHPコードを定時や定期的に実行するための機能を提供します。PHPコードをジョブとして、実行タイミングをスケジューリングして実行するための機能を提供します。 これまでのPHPコードは、Webブラウザからのアクセスによって、実行されました。ジョブキューによる処理は、PHPプログラムの非同期処理という、全く新しい実行環境を提供します。 ジョブキューは、ジョブを管理するキューサーバーと実際にジョブを実行するキューの2つの役割があります。Zend Platform 3.0 ES日本語版をインストールする際にキューサーバーまたはキューのいずれかを決定します。
ジョブキューの実行イメージ
ジョブキューの実行イメージ
各ジョブは、キューサーバーにて管理され、実際に実行する際にはキューに送信され実行されます。そのため、キュー状況(サーバーのリソース)に応じて、ジョブを割り振ることが可能です。 また、ジョブキューをコントロールする為のAPIが用意されており、PHPコードからジョブの作成や制御が可能です。
アラート情報のSNMPトラップによる配信
PHP インテリジェンスにて採取したイベントレポートをSNMPにて通知する機能を搭載しました。 これまで、イベントレポートは、Zend Platformに蓄積されるだけなく、メールやWebサービス(送信先のURL指定)に送信できました。Zend Platform 3.0 ES日本語版では、新たにSNMPによるイベントレポートの送信が可能です。SNMPエージェントとしてトラップを実施してSNMPマネージャーにイベン ト情報を送信します。
SNMPトラップによるアラート情報の配信
SNMPトラップによるアラート情報の配信
セッションクラスタリングの機能強化
Zend Platform 3.0 ES日本語版では、セッションクラスタリングを改良し、High Availability モードを実装しました。High Availability モードにより、信頼性とアベイラビリティの向上を両立しました。


■ Zend Platform 既存機能

セッションクラスタリング
PHPでは、アクセス元を特定するためSession機能を使用します。 Session機能では、個々のアクセスに対して一意のセッション情報を生成して、その後のリクエストに対応します。 しかし、セッション情報は、Webサーバ固有の情報なので、複数のサーバで同一処理を行う場合、セッション情報を共有できませんでした。
セッションクラスタリングは、複数Node間でセッション情報の共有を行います。 コードの変更無しに複数サーバ間でセッション情報が共有できます。 セッションクラスタリングの登場によって、PHP環境のスケーラビリティおよびアベイラビリティを極限まで高めます。
サーバ毎のセッション情報
通常のPHP環境(サーバ毎にセッション情報を管理)
  セッションクラスタリング
セッションクラスタリング(複数のサーバでセッション情報を共有)
PHP インテリジェンス
PHPサーバの様々な事象に対するしきい値を設定し、アラートとして管理を実装しました。サーバの異常挙動をいち早く検出できます。
PHPサーバ上で発生したエラーは、管理端末にて一括管理できます。エラー発生時の環境を保存することにより、問題解決時に再現することが可能です。 さらに Zend Studio シリーズ 日本語版(バージョン4.0以降)と連携して事象の再現が可能、素早い問題解決に向けた環境を提供します。
Define Alert Rules
アラートルール設定画面
Alert Window
アラートウィンドウ
Event Report
アラートレポート
アラートルール
  • 実行遅延 (絶対/相対)
  • PHPエラー
  • 関数エラー / 関数実行遅延
  • DBエラー / クエリーエラー
  • 余剰メモリ
  • CPUロードアベレージ
  • アウトプットサイズ
  アラート(レポート)内容
  • URL / メインファイル
  • ソースファイル / エラー内容
  • 回数 / 日時 / サーバー
  • イベントデータ (関数 / 変数)
  • ソースコード表示 (発生行)
集中管理機能およびコンフィグレーション
複数サーバの環境設定を1台のZend Central(管理端末)にて設定が可能です。管理端末は、WebベースのGUIを採用しており、複雑なインストール処理は不用です。
また、Zend Central(管理端末)と各PHPサーバ間は、SSLなどの暗号化通信による接続も可能です。
Zend Central
Zend Central (管理GUI)
  PHP Configuration Control
PHP環境設定画面
パフォーマンスツール
PHPスクリプト・キャッシュ機能/データ圧縮機能/コンテンツキャッシング/Zendダウンロードサーバなどの PHPサーバの大幅な高速化を実現するZend Performance Suite のテクノロジを随所に活用し、同等の高速化を実現しています。
PHP Accelerator
PHP高速化機能設定
Javaブリッジ
PHPは、言語レベルでJavaを呼び出すことが可能ですが、呼出し毎にJava VM(インスタンス)が起動する為、多大なシステム資源を消費してしまいます。
Zend Platformは、Javaアプリケーションとの連携をサポート、1つのJava VM(インスタンス)で連携を実現します。これによって、際限ないシステム資源を大量の浪費を抑えます。
リクエストごとにJava VMが起動
通常のPHP環境(リクエストごとにJava VMが起動)
  PHP/Java Integration
Javaブリッジ(1つのJava VMで対応可能)

■ 対応システム

プラットフォームPHPバージョンWebサーバWebブラウザ
Linux glibc x86, x86-64 (AMD64/EMT64)
対応デストリビューション(Turbolinux, RedHat Enterprise Linux, Fedora Core, Suse Linux Enterprise Server)
Windows Vista, Windows XP, Windows Server 2003 * x86環境のみサポートします。
4.3.9 以降
4.4.x
5.0.x
5.1.x
5.2.x
* Windowsは、PHP 5.2.1(Zend Core 2.0)環境のみです。
Apache 1.3.x
Apache 2.0.x (prefork modeのみ)
Apache 2.2.x (prefork modeのみ)
IIS 5, 6 (IIS7にも対応予定)
Zeus 4.0
MS Internet Explorer 6.0 以降
Mozilla Firefox 1.5 以降

■ 価格体系

製品名価格(消費税別)
Zend Platform 3.0 PS 年間ライセンス
* 1年間のソフトウエアアップグレードサービスを含みます
1cpu 150,000円
2cpu 220,000円
4cpu 400,000円
8cpu 750,000円
16cpu 1,350,000円
Zend Platform 3.0 ES 年間ライセンス
* 1年間のソフトウエアアップグレードサービスを含みます
1cpu 450,000円
2cpu 650,000円
4cpu 1,160,000円
8cpu 2,200,000円
16cpu 4,200,000円
本製品の新規販売は、終了いたしました。導入を検討いただいているお客様は、後継製品の Zend Server 日本語版 をご用命ください。
既にご利用いただいているお客様には、継続使用のみご用命いただけます。

年間ライセンス
1年間の該当製品を使用できるライセンスを提供します。価格には、該当期間中のソフトウエアのアップグレード版を無償で提供するサービスが付加しています。