konekto Inc with PHP , MySQL コネクト株式会社 技術情報コンテンツ


Top

Zend Studio :: FAQ (Ver 9.0)

過去のバージョンについて

下記についてはVer 7 から 8 までの FAQをご覧ください。

  1. ライセンスの有効期限が切れるとどうなりますか
  2. PHPの正しいキーワードを記述しているのに、スペルが正しくありませんと表示されます。
  3. そのほか、Ver 7.1 - Ver 8.0 をご利用で、
    この FAQ の記載の手順どおりには操作できない場合。
    • Ver 7 のIBMi 版をご利用の場合は、こちらもご参照ください。

下記についてはVer 6 の FAQをご覧ください。

  1. HTMLファイルをUTF-8で作成したいのですが、Shift_JISで作成されてしまいます。
  2. そのほか、Ver 6.0 - Ver 6.1 (Zend Studio for Eclipse) をご利用のかたで、
    この FAQ の記載の手順どおりには操作できない場合。

下記についてはこちらをご覧ください。

  • Ver 5.5 以前をご利用のかた

関数のマニュアルを Zend Studio 上で表示するにはどうしたらいいですか

3種類の方法があります

  1. 関数の上にマウスを置くと、吹き出しが表示されます。その中の文章を下にスクロールします。
    一番下に php.net の URL アドレスが表示されます。そのアドレスをクリックします。
    ブラウザ・ビューの中にマニュアルが表示されます。
  2. メニューバーのウィンドウ>設定>PHP>PHP マニュアル を選択し、「新規」ボタンを押します。
    リモートサイトとして、http://www.php.net/manual/ja を追加し、OK ボタンを押します。
    追加した URL を一覧から選択して「既定値」ボタンを押し、OK ボタンを押します。
    関数の上で右クリックし、「PHP マニュアルを開く」を選択します。
    • もし関数の説明の吹き出しの表示と競合してうまくいかなかった場合は、
      もう一度右クリックして「PHP マニュアルを開く」を選択してみてください。
    • この方法をやめて既定値を最初の値に戻すには、
      help:///com.zend.php.manual/PHPManual/ を選択してください。
  3. http://php.net/download-docs.php から Japanese 用の Many HTML filesの tar.gz をダウンロードして解凍します。
    解凍した中にある php-chunked-xhtml フォルダーの名前を PHPManual に変更します。
    Zend Studio 9 インストール先の下記のどちらかのフォルダーの中に PHPManual フォルダーを移動します
    plugins\com.zend.php.manual.nl_ja_9.0.0.201210101637\nl\ja
     (このフォルダーは、日本語化データにより作成されます)
    plugins\com.zend.php.manual_9.0.3.201205071416
     (このフォルダーは英語版にもあります)
    関数の上で右クリックし、「PHP マニュアルを開く」を選択します。
    • もし関数の説明の吹き出しの表示と競合してうまくいかなかった場合は、
      もう一度右クリックして「PHP マニュアルを開く」を選択してみてください。
    • この最後の方法は、インターネットに接続できない環境でプログラムする場合にも役立ちます。

マニュアルとして CHM ファイルは使用できますか

(Ver 9.0)

CHM という拡張子は、Windows ヘルプファイル形式のファイルで使用されます。 この形式のファイルの PHP マニュアルを使用しようとすると、

mk is not a registered protocol.

というダイアログが表示される場合があります。
このメッセージは、Windows ヘルプファイル形式のファイルで使用される mk: 始まりのアドレスが原因です。
例えば FireFox など、ご利用のブラウザが mk 始まりのアドレスに対応していない場合に表示されます。

下記の手順により使用できるようになります。

  1. メニューバーから、ウィンドウ>設定>一般> Web ブラウザ を選択
  2. 外部 Web ブラウザを使用 を選択し、Internet Explorer にチェックをつけます。
  3. 適用ボタンを押し、OK ボタンを押して設定画面を閉じます

Windows 版で、Java 実行環境(JRE)は自分で用意できますか

(Ver 9.0) 恐れ入りますが、JRE 無し版は保証範囲外となります。
また、弊社からダウンロードいただける Zend Studio に付属する JRE の Version との差異による影響についてもサポートいたしかねますのでご理解いただけますようよろしくお願いいたします。

英語版と日本語版では何が違うのですか

例えば下記の点が異なります。

  • 各種の機能に対して可能な範囲の日本語化を実施
    • 英語版には存在しない関数のコード補完の追加もおこなっております
    • ご購入ご検討のために、日本語化データの内容の確認が必要な場合は、
      お手数をおかけいたしますが、弊社営業までお問い合わせください。
  • 日本語でのサポートを提供
    • 英語版をご利用の場合は、Zend Technologies社(アメリカ)からの英語でのサポートとなります。

でもヘルプが英語ですよ

恐れ入りますが、弊社では PDF 形式で日本語マニュアルを提供しております。
メニューバーの Help(ヘルプ) から各種ヘルプを選択する代わりにご利用ください。

tpl 拡張子に対するデフォルトのエディターを変更したい。

(Ver 9.0)

  1. メニューバーから ウィンドウ>設定 を選びます。
  2. ダイアログが表示されます。左側のツリーから 一般>エディター>ファイルの関連付けを選びます
  3. 設定画面側の枠の右横の「追加」ボタンを押します。
  4. ファイル・タイプ欄に「*.tpl」と入力してOKを押します。
  5. 設定画面側の枠の右横の「追加」ボタンを押します。
  6. 新たに使用したいエディターを選び、OKを押します。下側の枠内にそのエディターが追加されます。
  7. 追加されたエディター名を選択した状態で、下側の枠の右横の「デフォルト」ボタンを押します。
  8. これで、デフォルトのエディターが切り替わります。
    tpl 拡張子のファイル上で右クリックして「アプリケーションから開く」を選ぶと、デフォルトのエディターに黒丸が付きます。

tpl 拡張子のファイルで、HTML と JavaScript を編集したい

(Ver 9.0)

  1. メニューバーから ウィンドウ>設定 を選びます。
  2. ダイアログが表示されます。左側のツリーから 一般>コンテンツ・タイプを選びます
  3. ダイアログ右側にコンテンツタイプのツリーが表示されます。その中からテキスト>HTML を選びます
  4. htm や html などいくつかの拡張子がすでに登録されています。右側の「追加」ボタンを押します
  5. 表示された「コンテンツ・タイプ」入力欄に「*.tpl」と入力し、「OK」ボタンを押して閉じます。
  6. 元のダイアログの右下の「OK」ボタンを押して閉じます。
  7. これで、tpl 拡張子のファイル上で右クリックすると、「アプリケーションから開く」の右に html+javascript 用の選択肢が表示されます。

横に長い行を画面の端で折り返しできますか。

(Ver 9.0)

エディタ上で、右クリックすると、メニューの中央付近に「行を折り返す」が表示されます。

そのメニューを選択すると、横スクロールすることなくご覧いただけます。
折り返し中はメニュー名の左側にチェック印が付きます。
折り返ししない状態に戻すには、もう一度選択します。

インストールガイドに記載されている文字エンコードの変更に従って設定しましたが、
リモートファイル接続時に文字化けしてしまいます。

(Ver 6.0 - 9.0)

  1. リモート・システムビューを開きます。
    (作成したFTP/SFTP接続の名前を仮に、my_connectとします。)
  2. 接続中の場合は、my_connectを右クリックし、
    ポップアップメニューから「切断」を選んで切断します。
  3. 次に、my_connectを右クリックし、
    ポップアップメニューからプロパティ>ホスト を選択します。
  4. 「デフォルト・エンコード」がダイアログの下部にあります。
    ラジオボタン2つのうち「リモート・システムのデフォルト」が最初は選択されています。
  5. 「その他」の選択に変えます。
    右横のプルダウンメニューよりUTF-8を選択します。
  6. OKをクリックし、ダイアログを閉じます。
  7. my_connectを右クリックし、
    ポップアップメニューから「接続」を選んで接続します。

目的のファイルを文字化けせずに開くことができます。

タブや全角空白を記号で表示する方法はありますか。

(Ver 9.0)

メニューバーから、ウィンドウ | 設定を選択し、設定ダイアログを表示します。
ダイアログの左部分から、一般 | エディター | テキスト・エディタ を選択します。
右部分の中ほどにある「空白文字の表示」をチェックします。
タブ、全角空白、半角空白、改行コードCR、改行コードLFが、各々記号で表示されます。

「空白文字」のリンクをクリックするとダイアログが表示されます。
各記号ごとに表示の有無や、行の先頭、途中、最後のうちどれを表示するかも選択できます。

html ファイルを PHP スクリプトとしてデバッグできますか

(Ver 9.0)

はい、下記の手順で行えます。

  1. メニューバーから ウィンドウ>設定>一般>コンテンツ・タイプ を選択します
  2. ダイアログ内の テキスト>PHP コンテンツタイプを選択します
  3. 追加ボタンを押し、 .html を追加します これで、PHP CLI デバッグを行えます。

Linux デスクトップ上に Zend Studio へのリンクを作成したい

(Ver 9.0)

下記のような ln(LN の小文字)コマンドで作成できます

ln -s (Zend Studio の実行ファイル) (デスクトップ上に作成するリンクファイル名)

フレームワーク関係

Zend Framework を使いたくありません。使わないといけないのですか

(Ver 6.0 - 9.0) いいえ、必須ではありません。必要に応じてご利用ください。

Zend Framework 以外のフレームワークでもコード補完できますか。

(Ver 6.0 - 9.0)

PHPで記述されたものであれば利用可能です。(自作のオブジェクト、クラス、メソッド含む)
PHPプロジェクトの include パスにお好みのフレームワークやライブラリを追加してご利用いただけます。
「最新のZend Frameworkを利用したい」と同様の手順になります。

最新のZend Frameworkを利用したい

(Ver 9.0)

PHP プロジェクトを新規作成する場合、作成中にダイアログ画面上で指定できる場合があります。
詳しくはユーザーガイドをご覧ください。
ここでは、プロジェクトを作成した後にバージョンを変更する場合を取り扱います。

  1. ダウンロードしたアーカイブを解凍して得られるlibraryフォルダを任意の場所に配置します。
  2. PHPプロジェクトを右クリックして、include パス|include パス設定 を選びます。
  3. いくつかあるタブの中から「ライブラリー」タブを選択します。
  4. 「外部のソース・フォルダーを追加」を選択します。「ライブラリーの追加」ではありません。
    「ライブラリーの追加」を選ぶと内蔵の Zend Framework ライブラリーが使われてしまいます。
  5. 最初に配置しておいたlibraryフォルダを指定します。
  6. しばらくビルド処理が行われた後、利用できます。

Zend FrameworkのZend_Applicationでデバッグがエラーになります。

(Ver 6.0 - 9.0)

set_include_path などを使って include パスを操作しているためと思われます。
残念ながら、それらのパス操作に応じて自動的にパスをプロジェクトの設定に反映することができません。
include パスを操作している場合、あらかじめ必要と思われるパスを include パス設定に追加しておく必要があります。

Zend Framework に限らず、各種ライブラリーの内部で include パスを操作している場合も追加が必要です。

なお、Zend Framework の利用方法については、Zend Framework テイクオフプランのご利用をお勧めいたします。

Zend Frameworkのクラスやメソッドのコード補完ができません。

(Ver 7.1 - 9.0)

下記の3つの項目を確認してください。

  1. プロジェクトの種類としてPHPプロジェクトを使用している。
  2. PHPエクスプローラビュー上で、PHP include パスにZend Framework Libraryがぶら下がっているのが見える。
  3. メニューバーから、ウィンドウ | 設定 | PHP | エディタ | コンテンツアシスト と選択。
    設定画面で「コードアシスト起動を有効にする」にチェックが付いている。

もし上記の2番目で、Zend Framework Library が無い場合は、下記手順で設定してください。

  1. PHP include パスの上で右クリックします。
  2. include パス>include パスの設定にて表示されるダイアログ内の「ライブラリー」タブを選択します。
  3. 「ライブラリーの追加」ボタンを押します。
  4. 「Zend Framework 1.x」を選択し、OKを押します。
    Zend Studio出荷時に同梱された内蔵のZend Frameworkライブラリが使用されます。

最終更新のRSS