konekto Inc with PHP , MySQL コネクト株式会社 技術情報コンテンツ


Old/Zend Core for i5OS

Zend Core for i5/OS :: FAQ

(後継製品の Zend Server for IBM i Ver 5.0 - 5.1 の FAQとあわせてお読みください)

  • この情報の対象は、Zend Core for i5/OS の下記のバージョンです。
    • Ver 1.5.0 日本語版
    • Ver 2.0.1 日本語版
    • Ver 2.0.1AJ (日本語版のみ存在)
  • 下記のバージョンは対象外です
    • Zend Core for i5/OS の 英語版 のすべて

導入に関わるFAQ

Webサーバーがなぜ2つも動いているのですか

IHS (IBM HTTP Server: /www/zendcore 側) が PHP との間でインターフェースする際に、
mod_php 実装を利用できなかったためと考えられます。
そのため、別に立ち上げた Apache インスタンス(/usr/local/Zend/apache2 側) にリクエストを転送し、
その Apache から PHP にインターフェースする必要がありました。
後継の Zend Server for IBMi では、mod_php 実装ではなく、fastcgi 実装を利用して IHS と PHP との間で直接インターフェースしています。

導入にあたっての前提条件を教えてください。

(Ver2.0.1AJ)

  1. i5/OSのバージョンが、V5R4 または V6R1 であること。V7R1 以降は対象外です。
  2. コード化文字セットのシステム値、QCCSIDが5035または1399であること。
  3. 端末エミュレータのホストコードページが、939または1399であること。
  4. /usr/local ディレクトリが存在すること。 (このディレクトリに導入されます。)
  5. メッセージ待ち行列 QSYSOPR や スプールへの出力が問題ないこと。
  6. TCP/IPの開始(STRTCP)が実行されていること。
    • PING コマンドに反応するかどうかで確認できます。
  7. TCP/IPポート 89 および 8000 が他の機能で使用済でないこと。
    • NETSTAT *CNN コマンドで調査できます。
  8. 下記のライセンスプログラムが導入されていること。
    V5R4V6R1テキスト
    5722SS1-135761SS1-13オープンネス
    5722SS1-305761SS1-30Qshell
    5722SS1-335761SS1-33Portable App Solutions Environment
    5722SS1-345761SS1-34デジタル証明書マネージャ
    5733SC1-*base左に同じIBM Portable Utilities For I5/OS
    5733SC1-1左に同じOpenSSH, OpenSST, Zlib

(Ver2.0.1)

  1. i5/OSのバージョンが、V5R4 であること。V6R1 以降は対象外です。
  2. コード化文字セットのシステム値、QCCSID が 5035 であること。1399 は対象外です。
  3. 端末エミュレータのホストコードページが、939 であること。1399 は対象外です。
  4. /usr/local ディレクトリが存在すること。 (このディレクトリに導入されます。)
  5. メッセージ待ち行列 QSYSOPR や スプールへの出力が問題ないこと。
  6. TCP/IPの開始(STRTCP)が実行されていること。
    • PING コマンドに反応するかどうかで確認できます。
  7. TCP/IPポート 89 および 8000 が他の機能で使用済でないこと。
    • NETSTAT *CNN コマンドで調査できます。
  8. 下記のライセンスプログラムが導入されていること。
    • 5722SS1-13 オープンネス
    • 5722SS1-30 Qshell
    • 5722SS1-33 Portable App Solutions Environment
    • 5722SS1-34 デジタル証明書マネージャ
    • 5733SC1-*base IBM Portable Utilities For I5/OS
    • 5733SC1-1 OpenSSH, OpenSST, Zlib

(Ver1.5.0)

  1. Ver 2.0.1 の記載のほか、下記も必要です。
    古いバージョンからのアップグレードの場合、下記を削除していること。
    • ZENDCORE ライブラリ
    • /usr/local/Zend
    • /www/zendcore
    • /tmp/ZCoreInstalLog.log

QCCSIDが5035または1399以外の場合には導入できないのですか。

下記を満たすユーザプロファイルを作成し、そのユーザでサインオンして導入します。

  1. ユーザクラスが *SECOFR か、または同等の特殊権限をもつこと
  2. CCSIDが5035か、または1399

ジョブを起動させるには後述の手順が必要です。

  1. Zend Core for i5/OS 導入完了後、Zend Core for i5/OSのサービス管理メニューを実行。
    ADDLIBLE ZENDCORE
    GO ZCMENU
    5番選択
  2. 2番のZendサブシステムの終了を実行
  3. WRKACTJOBにてZENDサブシステムが終了したことを確認
  4. CHGUSRPRF USRPRF(ZENDADMIN) CCSID(5035または1399)
  5. CFGEAC LIB(ZENDCORE) CCSID(5035または1399)
  6. Zend Core for i5/OSのサービス管理メニューにて1番のZendサブシステムの開始を実行

5733SC1の*BASE、および1番の入手と導入方法を教えてください。

たいへん申し訳ございませんが、IBM販売代理店経由でIBMにお問合せください。

Zend Coreのライセンスファイルの発行をお願いします。

2006年のβ版期間中はライセンスファイルが必要でしたが、バージョン1.5.0以降のZend Core for i5/OSでは不要です。


最終更新のRSS