konekto,Inc. コネクト株式会社

  • Decrease font size
  • Default font size
  • Increase font size
HOME arrow 企業情報 arrow ニュース arrow イベント/セミナー arrow [2/19]クラウド時代を乗り切るための技術者向けセミナー
[2/19]クラウド時代を乗り切るための技術者向けセミナー

IBM System i技術者/オープン系技術者必見!

『クラウド時代を乗り切るための技術者向けセミナー』

~PHP開発ハンズオン体験&オープン戦略を支える今後注目の新技術解説~

 

午前の部  ハンズオンセミナ コンテンツダウンロード

午前の部[ハンズオンセミナ ]にご参加の方は、以下のファイルをダウンロードし、当日お持ちいただくノートパソコン(Windows x86 2000, XP, 2003)のハードディスクに保存してください。 Zend Studio 5.5 日本語版に関しましては、インストールの実施をお願いいたします。

 1.

Zend Studio 5.5 日本語版 インストールファイル
ファイル名:ZendStudio5_5_0.exe (74,809KB)
*本ファイルは、あらかじめ実行し、インストールを完了してください。
 Windows Vistaをご利用の場合には、以下手順で互換モードに変更してください。
  ・プロパティの「互換性」タブの互換モードでWindows2000を選択する
  ・管理者としてこのプログラムを実行するにチェックを入る

ダウンロードは終了しました

 2. Zend Studio 5.5 日本語版 ユーザガイド(PDF形式)
ファイル名:Zend_Studio_User_Guide.pdf (5,274KB)

ダウンロードは終了しました

 3.

ハンズオンテキスト(PDF形式)+サンプルコード
ファイル名:090219.zip (15,540KB)
*圧縮ファイルですので、解凍してご利用ください。
 サンプルファイルは、「sample配置場所.txt」の指示に従って配置してください。

ダウンロード開始

 4. Windows Vista用 Zend Studio 5.5 日本語版 アンインストール手順
ファイル名:ZendStudioUninstall.doc(330KB)

ダウンロード開始


■セミナ概要

【日時】2009年2月19日(木)
午前の部: ハンズオン10:00 ~ 12:30 (受付開始 9:30)
午後の部: セミナー 13:30 ~ 18:00 (受付開始 13:00)
技術者交流会: 18:30 ~ 20:00【定員】70名

【会場】日本アイ・ビー・エム(株)箱崎事業所
[所在地]東京都中央区日本橋箱崎19-21     http://www-06.ibm.com/jp/ibm/map/hakozaki.html
ハンズオン/セミナー:7階(706)
技術者交流会:25階
【参加費】無料

【参加申込】定員に達したため、申込を終了いたしました。 http://i5php.jp/

■午前の部オープニング(10:00~10:10)

『PHP開発ハンズオン』(10:10~12:10)[講師] 株式会社ゼンド・ジャパン 吉田 悟
PHPのプログラミングを実際に体験していただきます。また、System iにおけるPHP&MySQL環境構築に関してもご説明します。当セッションに参加希望の方は、ノートパソコンをご持参下さい。

『MySQL on System i最新情報』(12:10~12:30)[講師]日本IBMシステムズ・エンジニアリング株式会社 早川貞光様
System iにおけるMySQLの最新情報(DB2 for iによるストレージエンジン機能を含む)をお伝えします。

■午後の部オープニング(13:30~13:40)

『クラウド時代、あなたはどうする?』(13:40~14:40)[講師]日本IBM株式会社 コンサルティング・テクノロジー・エバンジェリスト   ソフトウェア・テクノロジー推進会議議長 米持幸寿様
SaaSやクラウド・コンピューティングの到来によって、コンピュータ利用のコストが下がることにより、 利用機会が爆発的に増えることが予想されています。クラウド・コンピューティングでは、 システムの所有、構築、プログラミングなどのテクニックが変化すると言われています。このとき、 私たちは何に気がつか\なければならないでしょうか。オープンソース、マッシュプ、プログラミング言語、開発プロセス、プロジェクトマネジメントなどの各局面で変わるものと変わらないものを整理し、時代が求める、今後必要となるスキルや技術者のあり方を解説します。

『はじめてのRuby』(14:50~15:50)[講師]株式会社イーシー・ワン 代表取締役社長 最首英裕様(Rubyビジネスコモンズ会長)
Rubyを実案件で採用する企業が増えてきています。Ruby on RailsによるWebアプリケーション開発だけでなく、Amazonのクラウド環境でも盛んに活用され始めています。なぜRubyがこれほど注目されているのか。生産性の高さは本当か。こうした疑問に応えるべく、実際にライブコーディングをご覧いただきながら、Rubyについて理解を深めていただきます。時間があれば、AWS(Amazon Web Service:アマゾンのクラウド環境)で標準的に提供されているRuby環境についてもデモしてみたいと思います。

『やさしいシステム連携』(16:00~16:40)[講師]アドソル日進株式会社 生産技術部コアテクノロジー推進課 荒本道隆様
基幹系と他システムとの連携には多くの接続方法があります。Webサービスでも利用されているSOAPや昨今の接続の容易なRESTについてXMLを含めて技術の特徴や活用方法をご説明します。PHPによる連携も併せてご紹介します。

『リッチクライアントの構築方法』(16:40~17:20)[講師] 株式会社あゆた 取締役 白石俊平様
ブラウザでの操作性は日々進化しており、コンピュータと人とのインターフェースとして更なる向上が求められています。当セッションではPHPとJavaScript(Ajax)を利用したDojoでの活用方法を中心にご紹介します。

『System i ユー企業によるPHP活用事例』(17:30~18:00)[講師] OpenSource協議会System i会長 奥村捨吉
創業400年以上の老舗で寝具・健康寝具を扱う西川リビング(株)様のWebシステムをご紹介します。 得意先や仕入れ先へのEDIシステムをSystem iのPHPで構築し、すでに運用されています。特に仕入先システムではJavaやCSBridgeからPHPに移行された取組みも合わせてご紹介します。
クロージング(18:00~)

■技術者交流会(18:30~20:00)
軽食をご用意しています。多く皆様のご参加お待ちしています。