konekto,Inc. コネクト株式会社

  • Decrease font size
  • Default font size
  • Increase font size
HOME arrow 企業情報 arrow ニュース arrow イベント/セミナー arrow 第17回iSUC大会「The Change Leader ~変革(Innovation)は “ i ” から~」 参加報告
第17回iSUC大会「The Change Leader ~変革(Innovation)は “ i ” から~」 参加報告
第17回iSUC大会「The Change Leader ~変革(Innovation)は “ i ” から~」 参加報告
2006年10月25日から10月27日 札幌コンベンションセンター(札幌市)




■ ご挨拶
第17回iSUC大会 Zend Japan ブース、セッション(講師:Zeev Suraski)、モールセッション(講師:岡部昭洋)に数多くのご来場をいただきありがとうございました。
開催期間中は、多くの方にPHPの有用性をお伝えすることができ、大変有意義なひと時となりました。今後ともPHPならびにZendプロダクトをよろしくお願いいたします。
イスラエルより来日しましたZeev Suraski(Zend社 CTO)は、日本の企業ユーザがPHPならびにZendプロダクトに大きな期待を寄せていることを改めて実感し、Zend/PHP Conference 2006 の開催地サンノゼに旅立ちました。
iSUCロゴ
*クリックするとiSUCサイトへジャンプ

■ セッション PHP生みの親が語る「PHPの生い立ちから現在に至るまで」
10/26 14:30 - 15:30(リピートセッション 10/26 9:30-10:30)
今、最も旬なダイナミックWebサイトの記述言語PHP、「その生みの親は二人いる」ということは有名です。その一人であるZeev Suraski(Zend社 CTO)が、PHPの生い立ちから世界での驚くべき普及の現状と要因、さらには現在の主な使われ方等をゼロからお話ししました。2回の開催により多くの方 々にPHPのすばらしさをアピールすることができました。

Zeev Suraski Zend Technologies Ltd. CTO
・イスラエル工科大学、在学中から PHP 開発に取り組む。1999年 Zend Technologies, Ltd 設立。2000年-2005年 Zend社の開発チーム全体を管理。2006年 Zend の商用製品全体についての管理。現在の PHP 開発に関して、PHP コミュニティに多大な影響力を持ち、日々、世界中を駆け回り PHP 普及のための活動をZend のビジネスとともに行っている。
なお、10/30より、米国西海岸のサンノゼで、Zend/PHP Conference 2006を開催しています。
Zend/PHP Conference 2006
Zeev Suraski

■ デモブース & モールセッション 担当:岡部昭洋(Zend エンジニア)
出展プロダクト:Zend Core for i5/OS 日本語版、Zend Studio for i5/OS 日本語版
デモ内容:住所録(MySQLとテンプレートエンジン)、DB2/400と接続サンプル(日本IBM提供)、PukiWiki(CMS:コンテンツ管理システム)
デモプログラムを通じて、PHPが実現するWebシステムを体感いただきました。さらに、Zendプロダクトの有用性についてもご説明しました。
ブース全景
「Web システム構築で もっとも利用されている PHP と Zend プロダクト」10/26 午前10:30~11:00
朝一ということもあり、開始直前まで客足が鈍く、2分くらい前までは2~3人しか集まらず、ハラハラしましたが、開始直前に15名程度まで膨れました。 開始後には立ち見まで出て、40名弱となり、反響の大きさを感じました。時間がジャストなので質問の時間は取れませんでしたが、その後、先ほどのセミナーを聞きましたと言う方がブースまで訪れていただきました。ありがとうございました。(担当者談)  
PDFセミナー資料(PDF形式)

■ OpenSource協議会 - System i5 ミーティング
期間中に様々な内容のプライベートミーティングが開催されました。Zeev Suraskiと鈴木義幸(当社社長)は、 System i5 環境でPHPを中心としたオープンソースを推進するOpenSource協議会 メンバーとのミーティングに参加しました。
Mark Shearer(IBM System i GM)も参加しており、PHP や System i を取り巻く状況や ZendとIBMなどに対する要求に関してのラウンドテーブルとなりました。

左から:田阪さん(日本IBM)、鈴木(ゼンド)、大河内さん(福島情報サービス)、Mark Shearer (IBM System i GM)、Zeev Suraski(Zend)、奥村さん(JBCC)
Mark ShearerとZeev Suraskiを囲んでの1枚

次回のiSUC大会(第18回)は、静岡での開催予定です。次回のiSUC大会でもZendブースにお立ちより下さい。